無題

4/21

ツイッターの生存報告で言及していた、睡眠事情について書きたいかなと。

ここ最近は、睡眠の質がかなり劣悪になっています。
というのも、寝て起きて、しばらくボーっとしたりしている時間がかなり長くなり、それに伴って頭がボーっとするようになる時間が早くなり、頭のボーっとした感じが晴れる時間が長くなりました。
あと、半分起きてる状態の体は休めても脳が休めてないアレがかなり長くなってまして、おかげで寝た気もせず、頭がボーっとする時間も長くなるという悪循環に陥っています。

理由はわかっています。春特有の気温変化の激しさでしょう。
夜は10度を切り、昼は夏日ギリギリを攻める。そうすりゃ、毛布と掛け布団だと熱い寒いで調子崩すでしょう。
あと、それらの暑い寒いの感覚が若干麻痺してしまい、寝ている最中に毛布をはだけさせ、背中モロだしなんていう状態になっているのもまた、拍車をかけているのでしょう。
だから、気温差早く縮まってくれよなー

半分起きて半分寝てるアレの状態は、かなり影響があって、眠気頭で「この眠気なら寝付けそうかな?」と思ってしばらく経つと全然眠れた気がしなくて、起きようにも起きるぐらいの頭シャッキリがないので眠れず起きれずのどっちつかずになってしまって、調子が完全にダメダメになってますね。
それをさっぱり斬り捨てる方法はあるんですが、それが「そんな感じになったら頓服の睡眠薬を飲んでさっさと寝る」というもので、成功すれば、寝付けてサッパリするんですけど、失敗すると頭がボーっとする上に眠いけど寝付けない眠気を背負った状態で起きる上に失敗する確率が70%ぐらいと高いんですよね。ええ。
失敗しない方法として、そういう時に内服の睡眠薬を飲むっていうのがあるんですけど、ただでさえトイレ寝起きに寝付けないときの追い打ちとして飲んでいるので、一眠りに2回も内服を飲むのは効きすぎるって言うのと、飲みすぎて内服がなくなってきているのが単純にやばいです。
なんで、睡眠の質の劣悪さの改善には、前述した通りに、気温差がなくなってくれよなーっていうのがあります。

頭痛い。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ネガティブな言葉
 

Presented by.球体関節寝子人形。
プロフィール

かちゅーしゃ0病人

Author:かちゅーしゃ0病人
統合失調症持ちのつまらないブログ。
リンクフリーです。
人が怖いです。
HTMLなんて単語知りません。
馬鹿ですから。

記事
コントメ
分類
リンク
今日は何の日?
気象情報(実は自分の県が無い)

-天気予報コム- -FC2-
ぼやき
保管所