鎮圧目当てだったけど、死ぬとは思わなかった

新年早々記事更新です。
書いてる時点で、前回更新から6時間も経ってません。
年末にすし食べて、風呂入って、一息ついたところでパッと目に入ったのを記事に。

【12月20日 AFP】ゴム弾で外傷を負った人の約3%が、その負傷が原因で死亡していたとする、死傷者記録の再調査に基づく研究結果が19日、発表された。研究者らは、ゴム弾に代わる群集鎮圧手段の必要性を強く訴えている。

 米国を拠点とする研究チームは、1990年~2017年の27年間にイスラエルとパレスチナ自治区、米国、インド、北アイルランド、スイス、トルコ、ネパールなどで発生したゴム弾が原因となった外傷、身体障害、死亡に関する科学論文26報を調査した。

 今回の調査では、対象となった負傷者1984人のうち、53人(全体の3%)が死亡していたことを突き止めた。

 研究チームはさらに「全生存者のうち約300人(15.5%)には、ゴム弾の衝撃を直接の原因とする永続的な身体の障害が残った」ことを指摘。「失明と腹部外傷による脾臓や腸の一部の摘出などが、この身体障害の大半を占めている」とした。これらのケースでは、頭部や首にゴム弾を受けていた。

 ゴム弾は暴徒や群集を鎮圧する手段として、相手を殺傷せずに無抵抗の状態にすることを目的としているが、実際には多数の死傷者を出している。これについて研究チームは、「狙った場所に命中する精度が本質的に低いことから、当て損ないとそれに伴う重度の外傷や死亡といった結果が生じる恐れがある。そのためゴム弾は群衆整理の状況で使用するのに適切な武器ではないと考えられる」と説明した。

 ゴム弾以外にも、催涙ガス、高圧放水銃、音響兵器、電気テーザー銃といった群集鎮圧用武器があるが、これらもまた長年にわたり「深刻な外傷」を引き起こしている。研究チームは、英医師会雑誌(BMJ)のオンライン医学誌「BMJ Open」に発表した論文に、「ゴム弾以外の武器の方が安全性が高いことを示唆するものでは決してない」と書いた。

 その一方で、今回の研究は「武力および武器に代わる手段の適切な使用を、あらゆる状況で考慮しなければならない」ことを示唆していると結論づけ、群衆鎮圧用武器の使用に関する「国際的なガイドライン」を早急に作成する必要性を訴えた。(c)AFP
「ゴム弾は安全ではない、死に至るケースも 米研究」(http://www.afpbb.com/articles/-/3156069)



いや、死ぬでしょ。
色々と本末転倒な本音が出ましたが、普通にそうだとしかいいようがありません。
ゴム弾で気絶させる、催涙ガスで無力化する、高圧放水銃や音響兵器で制圧する、電気テーザー銃で鎮圧する。
どれをとっても危険が伴いますし、無力化(物理)である以上、それら以外の要因で負傷するというのもありますからね。
根本的な問題として、無力化させたところで、倒れたりもがいたりした時にどこかにぶつけて怪我をしたり重症化するなんていう事は、普通にありえるわけであり、日常生活でも危うい若者がいる世の中で、そんな強引な手段で落ち着かされて怪我しないわけがないんですよね。
ゴム弾は、ぶっちゃけると鉛弾よりは危険性が低いというだけであるので、当たり所が悪ければ、失明はしますし、骨が折れたり内蔵が損傷したりで、病院に運ばれてしばらくして亡き人になったりするわけでして。
催涙ガスはアレだけ苦しい目に遭うので、喉や呼吸器といった箇所がダメージを受けるわけで、それが結果的に永続的な障がいになるって言うのは否定できないんですよね。
高圧放水銃や音響兵器は、そもそもが、使う状態になったら相手は暴徒か武装集団であるわけで、使わないなんていう慈悲をやったところで、自分達の命が短くなるだけですからね、使わないと。
電気テーザー銃とは、有線の電極を射出して感電させる、至近距離で使わずに済むスタンガンなわけで、使う状況といったら、使わなきゃ酷い目に遭わされたり、死に掛けたり、再生数稼ぎのためにわざと撃たれる動画を作る動画等後者ぐらいなものですよ。
それだけ危険なもの状況があるから、使って死者が出た、だから害悪だと廃そうとするのは、それこそ短絡的な思考であり、長期的なリスクをまったく見ずに批判しているだけだと考えてしまう。

では、代替になる無力化武装等はあるのかと問いただせば基本は返ってこない。
一部では、話し合いで何とかなるという人もいるが、それこそ使い古された表現で、興奮して殺意ギランギランで武器を構えてる相手に「話せば通じ合えるから話し合おう」なんて言って、普通は話し合えて助かるのだろうか。
そういう事になってしまう。

なんでも、鎮圧用武装を擁護しているというわけではない。
先述したとおり、それらを用いなければ、大きな火種となり、関係のない民衆を巻き込むことになるからであり、できる事なら別の手段も講じていってほしいとも考えている。
だが、代替の手段があるのかって言われれば、それは当事者しか知らない事であり、それこそ、話し合いで解決できる境界線を越えてるから、鎮圧用武装を用いているともいえるのだ。
たられば論はいくらでも言えるものだが、起こってしまった事をほっぽりだして、たられば論に現実逃避をしても意味がないんだよと。

そういうことなので、これ以上は蛇足かなと。
では。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ネガティブな言葉
 

Presented by.球体関節寝子人形。
プロフィール

かちゅーしゃ0病人

Author:かちゅーしゃ0病人
統合失調症持ちのつまらないブログ。
リンクフリーです。
人が怖いです。
HTMLなんて単語知りません。
馬鹿ですから。

記事
コントメ
分類
リンク
今日は何の日?
気象情報(実は自分の県が無い)

-天気予報コム- -FC2-
ぼやき
保管所