すっごい今更な米の国の大統領選の話

今更過ぎる話。

去年、アメリカ大統領選があって、トランプ氏が僅差で勝利しましたね。
まあ、そのおかげで現在は、暴君ぶりというかまあその、ね。

で、何であんなに過激発言をして意図的に敵を作っているようにも見えるトランプ氏が、選挙で勝ったのかっていうのをすっごい浅く考えて見ます。

去年あたり、ツイッターでは「次期大統領がヒラリーとトランプの地獄の二択」っていうのがあって、まあ、まさにその通りだわなって。
なんでヒラリー氏とトランプ氏の二者対決で地獄の二択なのかって言えば、
ヒラリー氏が当選すると、オバマ氏のアメリカ初の黒人大統領に次いでアメリカ初の女性大統領が生まれるという事で、
白人男性の大統領が2代続けて居ないって言うのも国民的には不満であったりするわけであって、
それでトランプ氏に投票したなんていう人もいるわけで、
トランプ氏が当選すると、アメリカから黒人を追い出すだのイスラム教徒は一切国に入れないだの、
今の時代において、そんな前時代的が通るとも思えない発言が下手したら通ってしまうわけで、
それを避けたいがためにヒラリー氏に投票したなんていう人もいるわけで。
表向きにはそういうのがあるわけですね。

他に家族と話してて個人的に思ったのは、トランプ氏は「大統領選に出たって言う名声を使って、不動産王としての地位をより磐石にしようと大統領選に出たのに何故か当選してしまった人」なんじゃないかっていうのがあります。

党内のヒラリー氏の対抗馬としてサンダース氏が居ましたが、サンダース氏はヒラリー氏に大統領候補の座を譲りました。
というのも、(主観込み込みですが)サンダース氏はヒラリー氏に比べてアメリカでは有名ではなかったため、自分が大統領選に出たとしてもトランプ氏には勝てないと思ってヒラリー氏に座を譲ったのかもしれません。
ヒラリー氏ならその有名さでトランプ氏を圧倒してくれるのではないかという予想からかもしれないですね。
他には、ヒラリー氏が自身が掲げる主要な政策にサンダース氏の主張が盛り込まれていたからですかね。
なので、サンダース氏的にはヒラリー氏に座を譲った時点で、ヒラリー氏は当選すると思っており、そうなれば自分の主張が盛り込まれた政策も施行されて、自分が考えるよりは若干変わっていようとも自分が理想と掲げていた国に進んでいると確信できたので、ヒラリー氏が当選すれば自身が大統領候補者としては負けたけど政策のほうでは大きく影響を与えて実質勝利したのではないかと愚考する次第です。

でもまあ、現実はトランプ氏が勝利してるのですけどね。


というわけで、今更な話をしました。
こんな内容を去年頃から書きたかったので、まあ満足です。
では。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ネガティブな言葉
 

Presented by.球体関節寝子人形。
プロフィール

かちゅーしゃ0病人

Author:かちゅーしゃ0病人
統合失調症持ちのつまらないブログ。
リンクフリーです。
人が怖いです。
HTMLなんて単語知りません。
馬鹿ですから。

記事
コントメ
分類
リンク
今日は何の日?
気象情報(実は自分の県が無い)

-天気予報コム- -FC2-
ぼやき
保管所